中小企業保険なら月々2000円のあんしん財団

ケガの補償 ご利用の声

お客様の声

当法人ではケガの保険をご利用いただいたお客様に、
事故対応に関するアンケートにご協力いただいております。
お客様から寄せられたご意見や、そのご意見にもとづいて改善を実施した事例をご紹介します。

お客様からのメッセージ

満足の声

客様から、下記のような励みになるメッセージをいただいています。

お客様の声8 お客様の声7

今回は電話でなく、ホームページとFAXを利用し便利に使えました。お世話になりました。

ご多忙の中、ホームページとFAXをご活用いただきありがとうございました。便利にお使いいただけたとのことで何よりでございます。

お電話以外でもご連絡を承っておりますので、今後ともご活用いただければと存じます。

■FAXによるご申請はこちらから

ご意見・ご要望

お客様からご意見・ご要望についても寄せられています。下記のようなメッセージを参考に、今後のサービス向上や改善に取り組んで参ります。


事故の連絡をした際、仕事の内容について質問されて驚きました。その後スムーズに請求方法を案内していただき、安心できました。

大切な保険金請求の際に、驚かれたことと思います。失礼をいたしました。

あんしん財団の保険は、中小企業の経営者や、そこで働く従業員など限られた方にご加入いただいております。ご本人様確認、そしてスムーズなお手続きのため、お仕事のことも含めご契約内容について質問をさせていただきました。

お客さまよりいただいたご意見をもとに、以下の取組みを行っています。


①ケガのご連絡をいただいた際の対応を統一化し、すべての方に会員(保険契約者)資格や被保険者(加入者)資格の確認を行うようにしました。

  • 速やかに事故対応ができるよう、すべての方に上記の資格を確認し、統一した対応を行っております。
  • 75歳以上の方や長年ご加入いただいている方の中には、ご契約時からお仕事内容が変わっている方も多いため、質問項目が数点多くなることがあります。


②保険金の請求書類でも、会員(保険契約者)資格や被保険者(加入者)資格についてご案内をしております。

  • ケガのご連絡時は不安なお気持ちの方やご多忙な方もいらっしゃるため、保険金請求書へ上記の資格について、改めてご確認いただけるチェック欄を設けました。詳細は、請求書に同封するご案内冊子でもご確認いただけます。


ご請求後に保険金をお支払いできない事態を未然に防ぐため、当保険制度は資格確認が必要となります。確認方法については、ご利用者の声をもとに今後とも改善に取り組んで参りますので、ご理解、ご協力のほどお願いいたします。

ケガをしたら、すぐにあんしん財団に連絡することを知りませんでした。治ってから報告すると思っていました。

この度はご請求いただきありがとうございました。

ケガをした場合は、事故発生日からその日を含めて30日以内にケガの受付窓口までご連絡いただくよう、皆さまにお願いしています。

これは、ケガをされた時の状況や内容を正確に把握することで、ご請求時の確認(審査)を円滑に行い、スムーズにお手続きさせていただくためです。ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

保険の請求期間が6ヵ月というのが、よくわからなかったです。

この度はご請求いただきありがとうございました。また、お客様にとって解りづらい説明となってしまい、大変失礼いたしました。

補償の内容は、「事故が発生した日からその日を含めて180日以内(※)に治療を受けた日数に対する保険金のお支払い」となっております。

例)1月1日におケガをされて、8月1日まで治療を受けた場合、180日目の6月29日までの治療分が対象となります。

※入院、通院、往診は、平常の業務に従事することまたは平常の生活に支障がない程度にケガがなおった時以降は対象となりません。

フリーダイヤルでの電話では、時間の掛かりすぎで困ります。又1つボタンを押し違えると始めからの掛け直しになるので何とかなりませんか?

お問い合わせの際、ご不便をおかけし大変失礼いたしました。

平成29年2月27日より保険金のご請求専用番号(0120-611-616)ができ、繋がるまでの時間の短縮や押し間違え防止になるよう、設定いたしました。

毎月発行の広報誌やHPでもご案内させていただいておりますので是非ご活用ください。

対応が丁寧ではあるが、事務的だと感じました。

また、専門用語を使われても理解できないので、分かりやすい言葉で説明してほしかったです。

おケガをされて不安な中ご連絡いただいたにもかかわらず、こちらの対応で不快な思いをさせてしまい大変失礼いたしました。

お客様にとって分かりやすい言葉で、ご理解いただけるような説明を心がけて参ります。
貴重なご意見をいただきありがとうございました。

改善事例

〈保険金をお支払いできる例〉・〈保険金をお支払いできない例〉をわかりやすくご紹介しています

もっと支払いのパターンをホームページや広報誌に掲載してください。電話口で尋ねるのは難しかったです。

20184月から広報誌をリニューアルし、「ケガの補償」ご紹介ページで〈保険金をお支払いできる例〉・〈保険金をお支払いできない例〉をイラスト付きで掲載しています。

また、ホームページでもその他の補償事例をご紹介しております。

補償事例はこちらから

※保険金のお支払い可否は、最終的に手続き書類の確認(審査)によって判断いたします。ご不明な点はお気軽にお問合せください。

保険金の請求書類を分かりやすく改訂しました

法人の印鑑を押すか、事業主の個人の印鑑を押すかで間違い、再提出になった。初めに印鑑の指定をしていただいたほうが分かりやすく、手間が省ける。

2017年4月3日発送分より、保険金の請求書類を分かりやすく改訂しました。また、2018年2月及び10月にも、お客さまのご意見やご要望を取り入れ、さらに改訂しました。保険金ご請求時のお客さまの負担が少しでも軽くなるよう、今後もご利用の声を参考に改善に取り組んで参ります。

担当者のスキル向上のため、定期的に研修を行っています

受付担当者の教育をしっかりしてほしい。電話対応は顔が見えないので、声のトーンや気付きの言葉で相手が嫌な思いをします。

適切な保険金支払を徹底するため、部内の実務研修に加え、外部講師による電話応対研修、医療知識研修を行い、専門性の高い知識習得に努めています。

また、平成29年度からの新しい試みとして、電話応対スキルの向上および均質化を日常的に行えるよう、

部内から選出した教育研修担当者の育成に取り組んでおります。

保険金のお支払いを迅速化しました

支払いが遅い。請求してから日数がかかりすぎです。

月6回だった保険金のお支払い日を、毎営業日に変更しました。

これにより、請求書類到着後、最短で4営業日後のお支払い()が可能となりました。
※書類の記載に不備がなく、お支払いの条件が整っているご請求。

ご請求忘れ防止のため、ご連絡を差し上げています

ケガの報告だけしていて忘れてしまうこともあるので、請求していないのは連絡をしていただけたらと思います。

以前のケガは無効になってしまいました。

事故の受付後、一定期間を経過しても未請求のお客様に対して、電話によるフォローコール、文書による請求のご案内(請求勧奨)を継続的に実施し、請求忘れを防止する対応を開始しました。

いただいた回答内容及び個人情報につきましては、当法人の個人情報保護方針及び利用目的に基づき適切に管理します。個人情報の取扱いの詳細は、「個人情報の取扱いについて」をご覧ください。

資料請求