H1

福島の子どもたちへ「長野県飯田水引アート作品「ももりん」、水引しおりキット1,000セット贈呈式」/取材のご案内

【全】緊急時メッセージ
コンテンツ

2021年3月2日
一般財団法人あんしん財団 


福島の子どもたちへ
長野県飯田水引アート作品「ももりん」、水引しおりキット1,000セット贈呈式

 一般財団法人あんしん財団(本部:東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル5F)は、東日本大震災復興支援の一環として、2017年より毎年、福島市子どもの夢を育む施設こむこむ館で小学生を対象とした職人によるワークショップ「“ワザ伝”プロジェクトinふくしま」を開催してきました。しかし、新型コロナウイルスの影響により、2020年、2021年はワークショップ開催を中止しております。

 あんしん財団では、東日本大震災から10年という節目の2021年に、ワークショップ以外にも福島の子どもたちへ何か想いを届けることは出来ないかと考え、今回、(長野県)飯田水引プロジェクトにご協力をいただき、福島市のマスコットである<ももりん>を水引で制作し、さらに水引で“しおり”が作れるキット1,000セットを福島市のこむこむ館へ贈呈することにしました。水引には、人と人との縁を、心と心を結びあう意味がこめられており、この想いをぜひ福島の子どもたちへ届けたいと願っております。

水引アート作品「ももりん」制作風景



長野県飯田市の水引について

 300余年の歴史を数える伝統産業で、全国の水引生産の約70%を占めています。2017年、2018年に、職人の手から子どもたちへ、その技術を伝えるワークショップ「日本の伝統工芸「水引」で、自分だけのしおりを作ろう!」をこむこむ館で開催しました。


上記の内容につきまして、ぜひ取材のご検討願いたくご案内申し上げます。


<詳 細>
■日 時:3月8日(月)14時~
■場 所:福島市子どもの夢を育む施設こむこむ館(住所/福島県福島市早稲町1-1)
■出席者:こむこむ館 館長:斎藤 雅信様/事務担当主任:吉田 琢也様/事務担当主査:黒澤 亜希子様
■寄贈品:①長野県飯田水引アート作品「ももりん」/②水引しおりキット1,000セット
■水引しおりセット配布方法:こむこむ館インフォメーションにて配布(予定)
■水引しおりセット配布時期/3月24日(水)春休み初日 ※先着配布


長野県飯田水引アート作品「ももりん」



サイズ:27.5㎝×24.5㎝(額縁除く)



あんしん財団について 
 一般財団法人あんしん財団は 「経営」を守る・支える を基本理念に、ケガの補償(特定保険業)、労働災害防止、福利厚生の充実に役立つサービスを通じて中小企業を総合的に支援しており、現在、東日本及び九州を中心に約15万事業所が会員となっております。

「“ワザ伝”プロジェクト」について
 日本が誇る中小企業の“ものづくりの技”の素晴らしさと、その仕事のおもしろさを子どもたちに伝え、そこで学んだ経験を将来につないでいってもらいたい──。
そう願うとともに、中小企業のものづくりに対する想いを未来につなげるお手伝いをしていきたいと考えあんしん財団では様々な場所で小学生を対象としたワークショップを開催しています。

「“ワザ伝”プロジェクト」特設サイト



印刷用はこちら

<本件に関するお問い合わせ先> 
一般財団法人あんしん財団 経営企画部広報課
 〒160-0016 東京都新宿区信濃町34番地 JR信濃町ビル
℡03-5362-2323 Fax03-5362-2070