H1

製造業の加入メリット

コンテンツ

製造現場は安全作業がいちばん。
だけど“あんしん”への備えは欠かせない。

平成29年の業種別死傷災害発生状況では、製造業が全体の22.1%※を占めます。他の業種とは異なり、下記のような事故によるケガが多い業種となっています。

【※出典】
厚生労働省「平成29年労働災害発生状況の分析等」より

業種別の死傷災害状況

製造業の死傷災害状況

  • 機械による挟まれ
  • 巻き込み事故
  • 釣り荷の落下

1.ケガのリスクから経営を守る

思いもよらない事故。万全の対策で経営を守る。

工場内での転倒、機械の清掃中手を挟まれた・・・・
業務上のケガだけでなく、通勤時など業務外のケガも24時間365日、さまざまなケガを補償。

死亡したとき 2,000万円※
入院したとき 1日6,000円
通院したとき 1日2,000円

※満80歳以上の方は1,000万円
●後遺障害や往診も補償。
●疾病(病気)は補償の対象になりません。

ケガの補償の詳細はこちら

2.従業員の働く環境のために

大切な従業員がいきいき働く環境を支える

大手企業並みの福利厚生サービス

従業員のモチベーション向上に役立つ福利厚生サービスとして、「あんしん財団WELBOX」が自動付帯。追加費用なしで、旅行、レジャー、イベント、eラーニング等、様々なサービスをWELBOX会員料金や特典付きでご利用いただけます。

※あんしん財団WELBOXとは
あんしん財団が株式会社イーウェルへ委託し、会員事業所の皆さまへ提供する福利厚生サービスの総称です。本サービスの利用については別途ID登録が必要となります。

従業員の健康管理は欠かせない・・・
定期健康診断は事業所の義務。受診費用の一部を補助。

被保険者(加入者)1名につき1年度間1回の補助 2,000円まで
※人間ドックへの補助にすることもできます。

安定経営のバックアップ~思いもよらない労災事故への備え
使用者賠償責任保険制度

あんしん財団を保険契約者、会員企業および役員を被保険者とする損害保険会社の使用者賠償責任保険が自動付帯。労災事故の際、使用者が法律上の賠償責任を負った場合の賠償金・弁護士費用などが補償されます。
※支払限度額(1会員事業所単位) 1加入者当たり3億円/1事故当たり10億円

福利厚生サービスの詳細はこちら

3.従業員が安全に働くために

大切な従業員があんぜんに働く職場をつくる

働く人を守る安全への補助・・・
安全のための対策を経費面からサポート。

安全衛生設備等の設置(購入)費用の一部を補助。
保護帽(ヘルメット)、安全靴などの購入費用の一部を補助。

9つの補助金制度

フォークリフト特定自主検査の実施への補助など、全部で9つの補助金制度で事業所の安全対策をサポート!

災害防止の詳細はこちら