中小企業保険なら月々2000円のあんしん財団

ケガの補償

ケガの補償の特長

  • 業務上・業務外にかかわらずケガの補償を行っています。
  • 保険金は、入院、通院、往診の第1日分からお支払いします。
  • 交通事故によるケガや海外でのケガも補償します。

POINT1 死亡も入院も通院も補償の対象です。

ケガ(注1)で満年齢(注2)に応じた補償

(注1)疾病(病気)は補償の対象になりません。
(注2)被保険者の満年齢は、保険責任の開始の日である保険期間の初日(増員の場合は、増員日)の満年齢が適用されます。

死亡したとき
(死亡保険金)

満80歳未満 2,000万円
満80歳以上 1,000万円
  • ケガをして、その直接の結果として、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡した場合。
  • 同一の事故によりすでにお支払いした後遺障害保険金がある場合は、死亡保険金の保険金額からすでにお支払いした金額を控除した残額となります。

後遺障害が残ったとき
(後遺障害保険金)

満80歳未満 2,000万円(第1級)~16万円(第14級)
満80歳以上 1,000万円(第1級)~8万円(第14級)
*あんしん財団の等級表によります。
  • 事故の発生の日からその日を含めて180日以内に後遺障害が生じた場合は、その程度に応じ、等級区分に従い後遺障害保険金をお支払いします。
  • 事故の発生の日からその日を含めて180日を超えてなお治療を要する場合は、事故の発生からその日を含めて181日目における被保険者以外の医師の診断に基づき障害の程度を認定し、等級区分に従い後遺障害保険金をお支払いします。
  • 保険期間を通じ、第1級の保険金の額をもって限度とします。

ケガの補償ケガで年齢に関係なく一律の補償

入院したとき
(入院保険金)
1日につき 6,000円
事故の発生の日からその日を含めて180日以内に入院した日数(注3)
通院したとき
(通院保険金)
1日につき 2,000円
事故の発生の日からその日を含めて180日以内に通院した日数で90日を限度(注3)
往診を受けたとき
(往診保険金)
1日につき 4,000円
事故の発生の日からその日を含めて180日以内に往診を受けた日数(注3)

(注3)平常の業務に従事することまたは平常の生活に支障がない程度にケガがなおった時以降の入院、通院、往診は対象となりません。

POINT2 日常生活・業務中のケガも補償します。

通勤途中 駅の階段から転落して右の大腿骨を骨折
日常生活 自転車での買い物帰りに、バランスを崩し転倒して左足靭帯切断
業務上 建築現場の足場から転落し、全身打撲と両足を複雑骨折
業務上 溶接作業中にズボンに火がつき、左脚をやけどした
交通事故 歩行中、運転を誤った車が歩道に!全身打撲により死亡

このような場合には保険金はお支払いできません

【スポーツ】
ゴルフの素振りをしたときに腰がグキッとなり「ギックリ腰」と診断された
約款に定める保険金を払わない場合に該当するためお支払いできません。
【交通事故】
法令で定める酒気帯び状態で自動車を運転中に交通事故で死亡した
約款に定める保険金を支払わない場合に該当するためお支払いできません。
【日常生活】
膝が痛くなり病院で受診してもらったところ、「変形性膝関節症」と診断された
約款に定める災害の定義に当てはまらないためお支払いできません。
脳梗塞を発症し、右半身マヒの障害が残った 疾病(病気)のためお支払いできません。
あんしん財団に加入前に負ったケガが、加入後に悪化して入院した 約款に定める保険期間より前に受傷したケガのためお支払いできません。
資料請求