中小企業保険なら月々2000円のあんしん財団

監事の監査及び内部監査が実効的に行われることを確保するための体制

(1)監事による監査

 ア.役職員は、監事監査規程に基づき、監査に関して監事から必要な説明又は資料の提供を求められた場合は速やかに対応する
  とともに、監査の円滑な実施に協力します。

 イ.監事は、理事会に出席します。またその他重要な会議に出席することができるものとします。


(2)監事への報告

 理事は法令違反行為、業務上の事故、その他業務運営に著しく影響を及ぼすと認められる事態が発生又は発生の報告を職員から
 受けたときは、監事に報告するものとします。なお、当該報告をした職員に対し、その報告を行ったことを理由とする不利な取扱
 いはしません。


(3)監事と理事長の意見交換等

 監事は、理事長と随時意見交換ができるものとします。


(4)他の監査機関との連携

 ア.監事は、内部監査部門と緊密な連携を保ち、内部監査部門が行う監査の結果を活用するとともに、内部監査部門に説明又は
  報告を求めることができるものとします。

 イ.監事は、会計監査人と緊密な連携を保ち、相互に積極的な情報交換を行うとともに、会計監査人から監査計画、体制、方法、
  結果等について説明又は報告を求めることができるものとします。


(5)監事の職務を補助する職員及びその独立性並びに指示の実行性の確保

 ア.当法人は監事がその職務を補助する職員を置くことを求めた場合は、職員を配置します。

 イ.配置された職員は、その業務に関しては監事の指揮命令に従うものとし、理事からの指揮は受けないものとします。

 ウ.職務を補助する職員の人事等については、事前に監事と協議します。


(6)監事の職務執行について生ずる費用又は債務の処理について

 当法人は、監事が職務執行のために合理的な費用の支払いを求めたときは、これに応じます。

資料請求