中小企業保険なら月々2000円のあんしん財団

中小企業の技を、未来を担う子どもにつなぐ

日本が誇る中小企業の“ものづくりの技”の素晴らしさと、その仕事のおもしろさを子どもたちに伝え、そこで学んだ経験を将来につないでいってもらいたい──。そう願うとともに、中小企業の想いを未来につなげるお手伝いをしていきたいと考えているあんしん財団では、様々な場所で子ども向けワークショップを開催しています。

丸の内キッズジャンボリー2018に出展します

今年も丸の内キッズジャンボリー2018に出展します。「ワザ伝!日本のモノづくりを学ぼう!」と題し、3日間日替わりでプログラムを実施します。

“ワザ伝”プロジェクト in ふくしまを開催します

”ワザ伝”プロジェクト in くまもと を開催しました!

日本が世界に誇る「中小企業の技」「伝統の技」を想いと伴に次世代に伝えていく取り組みとして、様々な場所でキッズワークショップを開催してきました。この取り組みをより多くの場所で、多くの子どもたちへ届けるべく「“ワザ伝”プロジェクト」を立ち上げました。

第一弾を12月9日(土)、熊本県 グランメッセ熊本で「“ワザ伝”プロジェクトinくまもと」を開催しました。今回も、このワークショップをとおして新しい発見をしたり、職人の技に驚く子どもたちの姿をたくさん見ることができました。

”ワザ伝”プロジェクト in くまもと を開催します

子どもたちが日本のモノづくりを学んで作って伝統工芸も体験するキッズワークショップを開催!

開催日:12月9日(土) 10時~16時

場所:グランメッセ熊本 2階コンベンションホール

大会議室・中会議室

入場料・参加費:無料

丸の内キッズジャンボリー2017に出展しました

丸の内キッズジャンボリーに本年も出展しました。このイベントは「⼦どもたちへ未来の夢を育む驚き・感動を届ける参加体験型イベントとして毎年開催されているイベントで、昨年から当法人も出展しています。兵営29年8月15日~17日に開催され、延べ11万人が来場しました。3日間とおしのプログラムが多い中、15日は「江戸風鈴の絵付けの技を学ぶ」、16日は「ラジコンのスペシャリストの技を体験」、17日は「伝統工芸「水引」に触れる」と毎日プログラムを変えて実施しました。参加した子どもたちは、それぞれの講師の方から直接、技術を教わり、技に触れ、モノづくりのついて学びを深めました。

丸の内キッズジャンボリー2017に出展します

「中小企業の技を、未来を担う子どもにつなぐ」と題し、夏休みに東京国際フォーラムで開催される「丸の内キッズジャンボリー2017」のワンダークラブに出展いたします。

高い技術を誇る3社にご協力いただき、3日間日替わりでその道のプロフェッショナルを講師としてお招きし、特色あるオリジナルプログラムを実施いたします。

■■□出展プログラム□■■

丸の内キッズジャンボリー2017

  日程:平成28年8月15日(火)~17日(木)3日間開催

  場所:東京国際フォーラム

キッズワークショップカーニバルinふくしま2017に出展しました

2017年3月11日(土)、12日(日)に開催されたこのイベントは、キッズデザイン協議会が主催する東日本大震災の被災地支援プロジェクトの一環として開催され、今年で5回目を迎えます。子どもたちに笑顔を届けるワークショップを数多く展開しています。

当法人では、中小企業の“モノづくりの技”を子どもたちへ届けるべく放課後NPOアフタースクールと協同して

■ラジコンにふれ、走らせるスペシャリストの技を体験(11日)

■日本の伝統工芸「水引」で、自分だけのしおりを作ろう!(12日

の2つのプログラムを実施しました。
両プログラムとも子どもたちは笑顔と真剣なまなざしで取り組み、“モノづくりの技”を体験しました。

丸の内キッズジャンボリー2016に出展しました

日本が誇る中小企業の“ものづくりの技”の素晴らしさと、その仕事のおもしろさを子どもたちに伝え、そこで学んだ経験を将来につないでいってもらいたい──。そう願うとともに、中小企業の想いを未来につなげるお手伝いをしていきたいと考えているあんしん財団では、放課後NPOアフタースクールと協力して、「丸の内キッズジャンボリー2016」において小学生向けワークショップを開催しました。

“ワザ伝”プロジェクト in ふくしまを開催しました

資料請求